バストアップマッサージ

顔のしみ

顔のしみと肝班

顔にできるしみに対してビタミンがいいという話がありますが、ビタミンでは効果がないしみもあります。効果が無いのは、肝班と呼ばれる顔のしみで30代から40代で発症する事が多いものです。肝班の見分け方は、しみのふちが明りょうでないこと、右と左に同様に出てくることです。女性ホルモンの乱れや、紫外線が関係しているとされており、出産経験のある女性などに見られます。日差しの影響でできたしみはビタミンで対応可能ですが、顔にできたしみの除去は難しいといいます。では、顔のしみである肝班には何がいいでしょうか。合成アミノ酸であるトラネキサム酸を使うという方法も存在します。トラネキサム酸は止血剤として使われていて、血友病や白血病の出血を抑える薬としても使われています。肝班を解消するための方法として、トラネキサム酸の服用があります。1カ月ほど、1日3回のトラネキサム酸錠剤の摂取を継続することで、肝班が薄くなったという例もあります。肝班のしみが薄くなりはじめてから、なおも1カ月続けることで、しみ治療ができるといいます。肝班の場合、よくある顔のしみのつもりでレーザーによるしみ治療を行うと、逆に悪化してしまったり、症状が悪くなってしまうことがありますので要注意です。トラネキサム酸は皮膚科で処方してくれるので、顔のしみが気になる方は一度、診察を受けてみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ